犬とお出かけ。奈良県・薬師寺にワンと行こう





とお出かけ。奈良県・世界遺産の薬師寺にワンと行こう

世界遺産 法相宗大本山薬師寺 奈良県奈良市西ノ京町457

出典:法相宗大本山薬師寺

薬師寺について
薬師寺は天武天皇9年(680)に天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気快復を祈り発願(ほつがん)された1300年の歴史を持つ寺です。


しかし、長い歴史の中で数々の天災・人災により東塔を除く全ての建物が火災により消失し、「竜宮造り」と呼ばれた壮麗な伽藍の面影はありませんでした。

伽藍(がらん)の復興
薬師寺にとって失われた伽藍(がらん)の復興は長年の悲願でした。
昭和四十三年(1968)、高田好胤和上は、物で栄えて心で滅ぶ高度経済成長の時代だからこそ、精神性の伴った伽藍の復興を目指し、お写経勧進による白鳳伽藍復興を始めました。


一巻(いっかん)千円のご納経料をいただき、百万巻のお写経を勧進して金堂(こんどう)復興を目指しました。高田管長は全国を行脚し、お写経を通した「美しい心の再発見」を呼びかけ、昭和51年(1976)に目標の百万巻を達成。金堂が落慶されました。

お写経勧進による白鳳伽藍復興を始め、平成30年で50周年となります。西塔(さいとう)、中門、回廊、大講堂、食堂(じきどう)と白鳳伽藍の主要な堂塔はおおよそ復興されつつあります。
まさに日本人の美しい心の結晶です。

創建当初から現存する、ご本尊・薬師三尊は世界一美しい仏像と名高く、やさしい微笑みは仏さまに包み込まれるような安心を私達に与えてくださいます。

心を癒やす場所・心を磨く場所 心のお寺・薬師寺にお参りください。

 


 

 





 

 

関連記事一覧