トイプードルのミニーちゃん上田城に参上だよ




トイプードルのミニーちゃん上田城に参上だよ

真田幸村公 に抱っこされて、ご満足なミニー姫ですワン🐶🎀
イケメンなのでチュー💗ミニー姫🐾さすがですねー👍
ミニーもおもてなし武将隊に入りたいワン🐶🎀
🌙伊達武将隊の伊達政宗公にも、頭ナデナデされたし…
牛タン美味しいし🐂 オファーきたら、どっちの武将隊に入るか迷うワン🐶🎀笑👅(親バカ妄想中)
イケワン🐶殿方には、吠えまくるくせに…🤣
上田城🏯犬同伴OK🙆‍♀️犬散歩OK🙆‍♀️

 

View this post on Instagram

 

Minnieさん(@toypoominnie)がシェアした投稿

上田城
上田城は長野県上田市二の丸(旧・信濃国小県郡上田)にあった日本の城である。なお、現在残っている城は、仙石忠政によって寛永年間に再建築城されたものである
*構造
本丸を南側に置き、二の丸が本丸の北・東・西を囲み、二の丸と東の大手門の間に三の丸を置く、梯郭式といわれる縄張りとなっている。これは千曲川に接する断崖となっていた南側が最も天然の防御力が強く、当初は北条氏による上州方面、上杉氏による越後方面からの攻撃に対するものであったが、翌1584年に真田氏が徳川氏と断交したため、当初は越後方面に予定していた大手(防御正面)を対徳川を想定して東側に変更した。

通常は本丸や二の丸など城の中心に置かれる政務用の建物が、三の丸に置かれているのが特徴である。これは、真田信幸が上田領を継承した際に、上田城は破却されており、城下町に近い三の丸跡地に居館を建てたことに始まる。その後、上田城は仙石氏により再建されたが、不完全なまま終わっている。真田昌幸時代の上田城について正確な構造は、わかっていない。なお、堀底の発掘調査により、真田氏時代と想定される金箔瓦や、菊花文軒丸瓦、金箔鯱の破片などが出土している。

上田城に天守があったのかを確認できる資料はない。起工から2年後の第一次上田合戦当時の資料(山鹿素行の「武家事紀」)には、「天守も無き小城」との記述が見られ[要出典]、後に仙石氏により再建された上田城にも天守はない。ただ第一次上田合戦当時の上田城は未完成とされていることや、寛永年間の作成という絵図には上田城本丸に「御天守跡」と記入されていること、金箔瓦や菊花文軒丸瓦、金箔鯱の破片が出土していること、同時期の近隣諸城(小諸城や松本城・高島城)や嫡男真田信幸の沼田城に天守があることなど、いくつかの傍証から真田昌幸時代に三層四階建ての天守が存在した可能性はある(第一次上田合戦から第二次上田合戦後に破壊される間の資料が残されていないため、直接的な証拠はない)。

本丸は東西に伸びた長方形だが、その北東の角のみ鬼門を避けるため欠いた構造をしている。 一部引用:Wikipedia



 

View this post on Instagram

 

lanileamamaさん(@lanileamama)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Yoko Andoさん(@ando.yoko)がシェアした投稿






関連記事一覧