犬とお出かけ。千葉県・成田山新勝寺に行こう!





犬とお出かけ。千葉県・成田山新勝寺に行こう!

成田山をのんびりはるんぽ🐾

新勝寺にお参りして

表参道で食べ歩きしたよ♪
またお出かけしようね!

 

View this post on Instagram

 

☘️ yϋki ☕︎さん(@le_trefle)がシェアした投稿

成田山新勝寺(なりたさん しんしょうじ)は、日本の千葉県成田市にある真言宗智山派の仏教寺院であり、同派の大本山の一つである。山号は成田山。山号を付して「成田山新勝寺」、あるいは山号のみで「成田山」と呼ばれることが多い。本尊は不動明王で、当寺は不動明王信仰の一大中心地である。そのため、成田不動、お不動さまなどといった通称でも広く親しまれてきた。開山は平安時代中期の天慶3年(940年)と伝えられる。寺紋は葉牡丹。

参詣者数において関東地方屈指の寺である。初詣の参拝客数は、2006年に約275万人、2007年に約290万人を数えており、神社仏閣としては、明治神宮に次ぐ全国第2位(千葉県内第1位)、仏閣に限れば全国第1位である。現在ではおおむねこの順位を維持しているが、以前は神社仏閣として川崎大師に次ぐ全国第3位であった。今も昔も加持祈祷のために訪れる人が多いことでも知られる。新東京国際空港(成田空港)に近いことから、外国人観光客にも人気がある。wiki







関連記事一覧